Chemours.com

燃料電池に関するよくあるご質問

燃料電池に関するよくあるご質問と回答

燃料電池や燃料電池部品に関するよくあるご質問をご紹介します。このほかのご質問に対する回答をお探しの場合は、こちらまでお問い合わせください。

燃料電池とは何ですか。

燃料電池とは、燃料と空気を使って直接電力を生み出すエネルギー変換装置のことです。燃料電池では、従来の技術に比べて、高効率とゼロエミッションを達成できる可能性が高くなります。純水素を燃料とした場合、発生するのは熱、電気、水のみです。

燃料電池と従来の発電方法とはどう違うのですか。

燃料電池は内燃発電機と異なり、途中で機械的な動力に変換することなく、化学エネルギーを直接電気に変換します。そのため、燃焼して二酸化炭素を発生させることがありません。

燃料電池はバッテリー(蓄電池)とどう違うのですか。

燃料電池は、バッテリーのようにエネルギーを蓄えるものではありません。(どちらかといえばエンジンに似ており、)エネルギーを別のエネルギーに変換し、燃料が供給される限り動き続けます。

燃料電池にはどのような利点がありますか。

燃料電池はクリーンなエネルギーを供給し、汚染物質を排出しません。燃料電池の使用には、以下のような利点があります。

  • 安全で静かな動作
  • ディーゼルエンジンやガスエンジンよりも高いエネルギー効率
  • クリーンでゼロエミッション
  • 高い信頼性
  • 操作性の良さ


燃料電池にはどのような種類がありますか。

燃料電池は、用いる電解質の種類によって、以下の5種類に大きく分けられます。

  • プロトン交換膜(PEM)型
  • アルカリ電解質型(アルカリ電解液またはアルカリ膜)
  • リン酸型
  • 溶融炭酸塩型
  • 固体酸化物型


PEM燃料電池にはどのような種類がありますか。

PEM燃料電池には、大きく分けて3種類があります。違いは燃料で、以下のようなものがあります。

  • メタンの改質や水の電気分解による純水素
  • メタノールや、メタン、プロパンなどの炭化水素から得られる改質水素
  • ダイレクトメタノール型燃料電池(DMFC)システムで、改質器を使わずに水素に変換されるメタノール


燃料電池はどのようなところで使われていますか。

燃料電池を使用する主要な市場セグメントは以下の4つです。

  • 軽量車両(自動車)
  • 大型車両(バス、トラック、列車、船舶)
  • 資材運搬車両(フォークリフト)
  • 分散型非常用電源(電源系統の信頼性向上)

このリストは、新しい用途が開発されるたびに増えていく見込みです。

燃料電池の詳細についてはどこで調べたらよいですか。